特集☆周年記念品ギフト制作ガイド

TOP > 周年記念品ギフトのお得情報 > 周年記念品ギフトに何が選ばれているのかを知ろう

周年記念品ギフトに何が選ばれているのかを知ろう

会社が創立されて・組織を結成して区切りの年になったという時に作られるのが、周年記念品ギフトです。
自社が長い間顧客に選ばれているという事を示すため、今まで付き合ってくれた取引先の関係者等に感謝の意を伝えるため等、様々な目的でこうしたギフトは制作されます。
ただ、何でも作って贈れば良いという訳でなく、ある程度どんな周年記念品ギフトが求められているかのリサーチを行ってから製作をする必要があります。
感謝の意を伝えたいのに、相手のそれほど欲しくない物を作ってしまっては、相手へ与えるイメージは良くありません。
それ以外にも、リサーチを基に周年記念品ギフトを作らないと、取引先等で使ってもらえず、周年記念品ギフトの持つ広告効果というのも得られない恐れもあります。
色々な事前準備を行った上で制作に取り掛かりましょう。


では具体的に、どんな周年記念品ギフトが多くの人に求められているのでしょうか。
まず不動の人気を誇るギフトに、ボールペン等の筆記具があります。
ほぼどんな人でも使ってもらえるであろうという無難さと、大量生産しやすいという作る側の利点が合致したアイテムです。
最近では、高性能ボールペンと呼ばれる商品に、自社の何周年という文字を入れたものを作ってもらうという事がトレンドです。
少し高くとも、使いやすいボールペンをベースにする事で、普段から使ってもらおうという企業が増えてきています。
文房具でいえば、クリアファイルも定番中の定番アイテムです。
ただ、最近人気なのは単に文字を入れただけでなく、ファイルの中にポケットが付いていてより色々な用途に使用出来る、こちらも高性能文具の周年記念品ギフトが喜ばれているようです。


最近は周年記念品ギフトにも多様化が見られ、今までには無いようなものも人気を博しています。
その一例が、USBメモリ等のパソコン周りの小物です。
現役世代には仕事に使え、定年した人たちは自宅でのパソコンの写真編集等趣味に使ってもらえるため、喜ばれる事が多いようです。
ユニークなものでは、お煎餅やカステラに自社の名前を焼いて推してもらったものや、周年記念品ギフトオリジナルパッケージの駄菓子を配るという企業も増えてきています。
その要因には、SNSでの発信が増えていて、こんなユニークな物を貰えたという事を発信して欲しい等という思惑があるようです。
その流れで、少し周年記念品ギフトを贈る層の年齢が高い時には名入れのお酒やおつまみの類を贈る等、食品を贈るという流れも加速しつつあります。

次の記事へ

カテゴリー