窓の種類とオススメメーカーリクシル

新築やマンションなどの窓には様々な種類があり形はもちろんのこと見た目は一緒でも種類が異なるものも出てきています。今までは一枚だけのガラスだったものがペアガラスと呼ばれ2枚になっているものがあります。最近では3枚ものも出てきています。複製ガラスのメリットは断熱性や遮音性です。カット数はものによって異なりますが太陽光をカットしてくれるため部屋の中が異常に暑くなったりすることを防ぐ効果があります。冬には結露を防ぐ効果もありますのでカビの繁殖を防ぐことが可能です。窓を取り扱っているメーカーは複数ありますが、その中でもリクシルは複製ガラスやサッシなど様々な商品展開があり価格も安いのでオススメです。当然商品の質は高いです。最近ではガラスの間にアルゴンガスを注入し断熱性を高めているものや防犯シートを入れ割れやすくしたものなどもあります。

リクシルの窓は断熱性・デザイン性の高さに注目

リクシルの窓の特徴は、世界有数の断熱性能の高さとデザインバリエーションの豊富さにあります。ガラスには三重構造を採用しています。中間ガラスを1.3mmと極薄にすることで、複層ガラスと同程度の軽さを生み出しています。2つの中空層にはクリプトンガス/アルゴンガスを閉じ込めることで、高い断熱性能を発揮しています。また、フレーム部分にも一工夫あります。フレーム内部の中空層を増やす構造により、断熱性向上に成功しています。フレームをスリム化している点にも注目です。これによりガラス面積を約10%増やしています。これらの工夫により、断熱性とデザイン性、採光性のアップがなされています。デザインのバリエーションは16品種と4カラーがあります。縦(横)すべり出し、開き窓テラス、単体引違いなど豊富に用意されています。外観色はブラック、オータムブラウン、シャイングレー、ホワイトがあり、環境や好みに合わせて選ぶことができます。

リクシルの窓周りのサッシについて

冬になると、気温が低くなるので、エアコンをつけなければとても部屋が寒いです。特に隙間風などはないが、窓の周りが寒く感じてしまいます。暖房の温度や、風量を上げて、部屋の中でも厚着をして過ごしている人も多いです。しかし、新築の家に行くと、冬でもエアコン一つで部屋の中がとても暖かいと感じることがあります。暖かい家は、窓周りのサッシが樹脂になっていると、耐熱効果が高くなり、エアコンをつけるだけで部屋全体がとても暖かくなります。特にリクシルの樹脂サッシは、エアコンの熱が逃げないので、暖かい部屋をキープすることができます。新築に建て替えるのは費用がとても必要なので簡単にできることではないですが、サッシを交換するのであれば、そんなに費用もかからないです。サッシだけで、寒い冬でも快適に過ごすことができるようになります。

「リフォームおたすけDIY」では、新規会員を募集しています。 「リフォームおたすけDIY」は商品のみの場合は、5~10日程度でお届けします!リフォームの知識の幅広い知識を持ったスタッフがお客様をサポート! グループ会社にリフォーム会社があるため、リフォームの知識が豊富です! 水まわり館ではシステムキッチンから浴槽、トイレの紙巻器まで豊富な品揃え! 自社スタッフが、丁寧に梱包し商品をお届けします。 フレームがスリムなリクシルの窓